ふるさと納税やってみた

思ったこと

年末に事業収入が増えたので、改めてふるさと納税の控除上限額をシュミレーターで計算してみた所、以前より大分利用額が増えていました。

選べる品目も増えたので、これを機に『ふるさと納税』をやってみる事にしました。

自己負担額2,000円で済む範囲は約11万円弱だったので、旅館のペアチケットや、ダイビング体験、美味しい特産物など色々と選択肢が増えました。

和室のお部屋で、客室料理が運ばれてくる温泉旅館なんて泊まることは無いので、これを機にそういう旅館へ行ってみるのも有りかと思いましたが、コロナが来年どうなるかまだ分からないので、結局食べ物にすることにしました。

選んだ返礼品は次の二つにしました。

①鹿児島県枕崎市の定期便(1年で10回)枕崎お楽しみ便(黒毛和牛・黒豚・海の幸)

寄附金額は100,000円からです。

100,000円となると1回発送の場合は大量の返礼品が来てしまいとても食べきれそうにないのと、定期便だと毎月の楽しみが増えそうなので、定期便のこちらにしました。

その他にも同じく鹿児島県枕崎市の返礼品として、10か月定期便の『A5等級黒毛和牛・黒豚』や、『マグロ・カツオ&ご飯のお供』もあります。

悩みましたが、肉も魚どっちも食べてみたい!という事で、どっちも入っているセットにしました。

全部の商品をチェックした訳ではありませんが、内容量も多いし結構お得な方だと思います。

②和歌山県美浜町の『ご家庭用津之輝3kg 【つのかがやき】【池田農園】』

寄附金額は5,000円からです。

寄附金額にもう少し余裕がありそうなので、5,000円のこちらを選びました。

5・6kg入っているみかんもありましたが、一人じゃ食べきれないので少な目のこちらにしました。

3kgでも結構な量あると思いますが、食べきれないようだったら実家などに送ったりとしよう思います。

こちらは2・3月どちらかに発送らしいです。

普段買わないような良い物を返礼品として貰えるのはお得だけど、2,000円で高級食材買う様なものだし、そう考えると高いなぁ…。

そんな感じに思っていましたが、寄附金額目安の上限があがり「2,000円でこんなに大量に返礼品を貰えるなんて!!やらなきゃ損!」という気持ちに変わったので2020年もギリギリですが、申し込みました。

クレジットカード決済なら12/31まで間に合うのらしいので、やってみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、ふるさと納税サイトは『ふるなび』を利用しました。

Amazonギフト券が最大7~8%分貰えるので、お得です。

後から気づいたけど、楽天Rebates経由でふるなび飛んだ方がさらにポイント付いたかもしれない…。

自分の場合は寄附金額が105,000円なので、7,350円分のAmazonギフト券で還元ですね。

自己負担額の2,000円を超えるので、実質タダでAmazonギフト券貰えて、返礼品が貰えることになるので素晴らしいシステムですね。

ただ、時期によっては楽天ふるさと納税の方がお得になりそうですね。

他にもサイトによって色々キャンペーンをやっている場合があるみたいです。

今回は他のキャンペーンが微妙だったので、ポイント還元率の高そうなふるなびを利用しました。

来年はその辺の時期も気にしてみたいと思います。

ちなみに、ふるさと納税の控除額を調べるのはこちらのサイトが分かりやすかったです。

とあるサイトでは半角で入力しているのに、半額数字で入力しろって言われたり、そもそも個人事業主向けの計算ができるサイトが少なかったり…。

こちらのサイトでは確定申告書を見ながら入力するだけなので簡単です。

おかげで、今年分の確定申告書もほぼ完成したので一石二鳥ですね。

ただ、どのサイトでも「あくまでも目安です、実際の控除上限額とは異なる場合がございます」と、このような事が書かれているので、実際に還付が来てから出ないと安心できませんけどね…

定期便の返礼品は早くも年明けの発送で1月中には届きそうです。

楽しみです!!

ではでは~ノシ

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました